MENU

肝臓の痛みのある場所についての説明

スポンサーリンク

肝臓の痛みがある場所と原因について説明致します。
肝臓はよく沈黙の臓器と言われていて肝臓に異常が起きていても症状が現れにくいと言われています。
その肝臓に痛みが生じているのは何らかの異常の可能性があります。
痛みのある場所をまず特定します。
肝臓は体の右側のやや上にあります。
肝臓そのものは痛みを感じる神経が通っていないので痛みは腹膜の他の神経や他の臓器などの何らかの影響を受けて痛みとして感じると思われます。
まず肝臓の正しい場所やその裏側に手で触ってみて痛みや腫れなどがないか確かめます。
異常を感じるなら病院に行き診察してもらうことをおすすめ致します。
注意点として肝臓の場所は胃のとなりにあるため、胃痛と勘違いしてしまうことが多いです。
生活習慣の乱れや喫煙や飲酒による肝機能の低下から胃炎や胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの症状が出やすい事から肝機能低下による胃痛と考える人が多いからです。
他にも肝機能低下による痛みを生じる場所は腰や肩があります。
これは肝臓が腫れておこる症状です。
肝臓が疲れているときに痛みを感じるツボがあります。
このツボの場所を覚えておくと便利です。
その場所は足の甲の部分の親指の骨と人差し指の間の足首側のくぼんでいる部分です。
他にも有効なツボの場所は膝の内側の部分です。

スポンサーリンク

次に肝臓の痛みからなる可能性がある病気は肝炎や急性肝炎や慢性肝炎や劇症肝炎やA型肝炎やB型肝炎やC型肝炎や肝臓癌があります。
原因については生活習慣や飲酒や喫煙やストレスが大きく関係しています。
また自覚症状も乏しく沈黙の臓器と呼ばれ早期発見しにくいのが特徴です。
ただ異常を感じ早期治療が有効性が高いので、早めに病院で治療する事が大切です。
病院で診断して異常が認められば治療を開始することになります。
治療には薬物療法と併用して食事療法と運動療法を行う事をおすすめします。
特にアルコールや喫煙による生活習慣の乱れによる長年にわたる肝機能へのダメージは相当ある事が多くアルコールや喫煙を控える事も大切です。
次に注意が必要なのが脂肪肝です。
脂肪肝を放置すると肝硬変や癌に進行する可能性があるので注意が必要です。
ただ生活習慣の乱れから起きる脂肪肝はウィルス肝炎と違い、自分の意志で発症を予防出来ます。
過食や運動不足を解消し肥満を改善して糖尿病や脂質異常や高血圧の予防する事が効果的です。
治療するには痛みがある場所や症状において違いがあるため、病状や進行具合により治療法はかわります。
放置すると命に関わる病状もある為、早めの治療をおすすめ致します。

スポンサーリンク