MENU

肝臓癌の腹水と黄疸と余命

スポンサーリンク

肝臓癌という恐ろしい病気があります。
肝臓癌を発症すると、肝臓の機能がしっかりと働かなくなってしまうので、身体の中に毒素がたまってしまうということにつながります。
肝臓癌の症状が悪化すると、体にさまざまな症状が現れるようになっています。
肝臓癌が末期になると、黄疸の症状があったり、腹水がたまるというような症状が見られるようになっています。
黄疸や腹水の症状が現れたときの肝臓癌の余命が気になります。
肝臓癌は治療が難しいと考えられています。
黄疸の症状や腹水がたまるというような状態になれば、余命は僅かで非常に生存率の低い状態と判断することができます。
肝臓癌に関して治療や余命の大きな不安を少しでも軽減させるために、病状や進行の度合いについてしっかりと把握しておく必要があります。
肝臓癌は、肝炎ウイルスに感染することが原因となっています。
これが肝臓癌の発症リスクを高めることにつながります。
飲酒が影響していることもあります。
お酒を長期的に過剰摂取することで、肝臓の機能が低下してしまいます。
その結果ガンの発症リスクを上げることにつながります。
余命が僅かと言うときには、次のような症状が体に現れるようになっています。
それは黄疸や腹水が見られるときです。

スポンサーリンク

黄疸や腹水というのは、末期症状の時に現れます。
黄疸や腹水があるときには非常に辛いですが、治療法としては対処療法となります。
腹水や黄疸の症状が見られたときには、余命宣告が行われることもあります。
末期の状態であっても、余命があとどのくらいであるかというのを決めることはできません。
余命と同じような考え方として、5年生存率というものがあります。
ガンの治療を行った後に、5年後にどのくらい存命しているかの割合となります。
黄疸や腹水の症状が現れているときには、5年生存率が僅か9.4パーセントとなっています。
余命が僅かで治療が難しい状態と判断することができます。
抗がん剤などの効果もあまりありません。
しかし黄疸や腹水の症状が現れていても、免疫力を付けることで末期の状態でも余命を少しでも伸ばすことができます。
末期の状態であると判断されても、決してあきらめないようにします。
遠隔転移がない場合の治療としては、肝動脈塞栓術が行われるようになっています。
1回で癌が消滅すると言うことはないので、数回繰り返して治療を行うという流れとなっています。
肝臓癌で遠隔転移がある場合は、全身化学療法が行われています。
病気としっかりと向き合うことが大切です。

スポンサーリンク