MENU

肝硬変と便秘の予防について

スポンサーリンク

肝硬変という病気があります。
肝硬変の治療を行うときには食事療法が重要になります。
また肝硬変の際には便秘をしっかりと予防することが必要となります。
肝硬変を発症しているときには便秘を発症することが多くなっています。
便秘になると、腸内細菌の悪玉菌が産生する、毒性の強いアンモニアを解毒することができなくなってしまうので、肝性脳症という肝硬変の合併症を併発してしまうこともあります。
したがって肝硬変ではしっかりと便秘の予防をすることが大切になります。
肝硬変の治療には食事療法と便秘の予防が基本となります。
肝硬変の患者は全国で40万人から50万人というように考えられています。
原因として考えられているのが肝炎ウイルスが最も多くなっています。
肝硬変の約70パーセントがC型肝炎ウイルスが進展したものとなっています。
この病気は肝臓全体が傷害されていると言うことになるので、解毒作用が低下しています。
したがって身体の中で解毒されなかったアンモニアなどの有害物質が血液の中にたまって脳の働きが低下し、肝性脳症が発生するようになっています。
したがって腸の中に毒素をため込まないと言うことが必要になります。
そのためには便秘を予防することが大切なのです。

スポンサーリンク

便秘は大腸の中で悪玉菌が増えた状態となっています。
したがって肝硬変が原因となって便秘が発生すると、アンモニアなどの有害物質が増加することになります。
肝性脳症を引き起こすことになりますが、便秘を予防することができなければ、肝性脳症を悪化させることにもつながります。
初期症状としては物忘れなどがありますが、さらに症状が悪化すると、意識がなくなり昏睡状態となります。
したがって便秘を予防することが非常に大切なのです。
食事療法によって予防をすることができます。
便秘を予防させるためには、食物繊維をたくさん含んだ食品を取り入れるようにします。
食物繊維によって腸の中をきれいにすることができるからです。
また予防のためには腸内環境を整えると言うことも必要になります。
腸内環境を整えるためには乳酸菌を接種するようにします。
これで腸の中の善玉菌を増やすことができます。
善玉菌が増えることで腸の中の不要なものを押し出す力が増加すると考えられています。
また便秘を予防するためには適度な運動も必要になります。
適度な運動をすることで腸の蠕動運動を促すことができるからです。
食事療法も大切になりますが、それと同時に運動をすることも心がけます。

スポンサーリンク