MENU

肝臓を押すと痛い病気について

スポンサーリンク

肝臓を押すと痛いと感じることがあります。
肝臓は味噌落ち付近にありますが、みぞおち付近を押すと痛いと感じることがあります。
このように押すと痛いと感じるときには次のような病気の可能性があります。
みぞおちと聞くと。
あまり普段の生活の中で意識をすることはありませんが、普通に生活をしていてみぞおちを押すと痛いと言うことになれば、何か病気が発生しているのではないかと不安になります。
みぞおちの奥には肝臓や膵臓などの臓器があります。
みぞおちを押すと痛いときに考えられる病気は次のようになっています。
それは肝臓の病気と言うことになります。
みぞおちの右側を押すと痛いと言うときに考えられるのは、肝臓の病気と言うことになります。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていますが、異常が発生していてもなかなか体に症状が出にくいとくとく腸があります。
肝臓は体の右側にあります。
肝炎や肝臓癌というような肝臓の病気が発症しているときには、みぞおちの右側を押すと痛いと感じることがあります。
尿や便というのは、人間の体の状態を知ることができるバロメーターです。
尿や便がいつもとは違うと言うことになれば、何らかの異常が発生していると考えるようにします。

スポンサーリンク

みぞおちの右側を押すと痛いと感じたり、尿の色が濃くなると言うような症状が現れたときには、次のような病気の可能性があります。
それは急性肝炎や脂肪肝などになります。
病気が進行すると、肝硬変を引き起こしている可能性もあるので注意が必要となります。
肝臓には解毒作用があります。
したがってアルコールをたくさん摂取するというような生活を送っているという人は、とくに体からの異常を知らせるサインがあるかどうかを見逃さないようにします。
その中の一つがみぞおちの右側を押すと痛いというものになります。
尿が濃くなる病気としては急性肝炎があります。
これは肝炎ウイルスの感染が原因となっています。
治療にはインターフェロンが必要になることもあります。
インターフェロンとは病原体や異物が身体の中に進入してきたときに反応するたんぱく質となっています。
これはC型肝炎の特効薬となっています。
このほかに脂肪肝という病気もあります。
肝臓に中性脂肪が蓄積されて、それが肝細胞の30パーセント以上を占めた状態となります。
アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝に分けることができます。
アルコールの大量摂取が原因となっていますが、肝臓を休ませることが必要となります。

スポンサーリンク