MENU

脂肪肝と背中の症状について

スポンサーリンク

食生活が欧米化するなかで、脂肪肝という診断を病院で受ける人も少なくありません。
しかし実際に病院で健康診断を受けて脂肪肝と診断されても、自覚症状がないという人が多くなっています。
脂肪肝とはどのような病気となっているのかというと、中性脂肪が肝臓の中にたくさんたまっている状態となります。
肝臓は脂肪を蓄えるという働きがありますが、健康的な肝臓の場合には3パーセントから5パーセントの中性脂肪が蓄えられています。
しかし食生活の欧米化や運動不足などが原因となって、エネルギーを消費することができなくなると、余った中性脂肪が肝臓に蓄積されると言うようになっています。
肝臓の細胞の30パーセント以上に中性脂肪がたまっている状態が脂肪肝と言うようになっています。
気になるのが脂肪肝の症状となります。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているので、脂肪肝でも具体的な症状を感じることがありません。
肝臓は7割以上の細胞が壊れなければ自覚症状が出ないと考えられています。
したがって脂肪肝の状態では自覚症状が現れないというのが現状です。
しかし脂肪肝の状態を放っておくと、背中などに何らかの症状が現れるようになっています。
したがって脂肪肝と診断されたときには、しっかりと対処をする必要があります。

スポンサーリンク

このような中で背中が痛いというような症状が現れることがあります。
背中が痛いという症状が現れたときには、肝臓が疲れていると考えることができます。
右の背中が痛いという場合には、ここに関係している内臓が、肝臓と胆嚢となっているからです。
腰や背中というような幅広い部分に痛みの症状が現れたときには、肝臓に異常が発生していると考えることができます。
胸の筋肉や背中の筋肉が神経とつながっていると言うことで、痛みの症状が現れるようになっています。
姿勢や動きによって痛みが現れるときには、肉体的なストレスが原因と考えることができますが、何もしていないのに痛みが発生するというような場合には、肝臓など内臓の疲れによって筋肉がこわばっていると考えられています。
肝臓の機能が低下することで背中が痛いと言うときに考えられる原因は、お酒の飲み過ぎとなります。
慢性的にたくさんのアルコールを摂取しているという人は注意が必要となります。
このほかに栄養不足というのが背中の痛みの原因となっていることもあります。
何もしていないのに背中の痛みを感じたときには、肝臓の機能が弱くなっている可能性があるので、一度病院を受診してしっかりと検査を受けるようにします。

スポンサーリンク