MENU

肝硬変と肝臓癌の違いについて

スポンサーリンク

肝硬変や肝臓ガンという病気があります。
これらはどちらも肝臓が関係している病気となっていますが、肝硬変と肝臓癌の違いが気になります。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるようになっていますが、何か異常があってもダメージを受けなかった細胞が変わりにしっかりと働いて機能を維持するという仕組みとなっているからです。
したがって異常が発生しても自覚症状が現れることが少なくなっています。
肝臓は胆汁の生成や分泌を行い、栄養分の代謝や貯蔵を行っています。
赤血球の分解やアルコールの分解、免疫細胞を活躍させるというような働きがあります。
このように非常に重要な働きをしているのが肝臓なのです。
肝臓に何か異常が発生すると、肝硬変や肝臓癌という病気を発症してしまいます。
肝硬変と肝臓癌の違いが気になります。
肝硬変と肝臓癌の違いは次のようになっています。
肝硬変は肝臓全体が繊維に囲まれることで、表面がでこぼこの状態となって固くなった状態です。
肝硬変になると体にさまざまな症状が現れるようになっています。
腹水が発生したり食道静脈瘤や肝機能の低下というような症状が現れます。
症状が悪化すると、黄疸や肝性脳症などの問題も発生するようになっています。

スポンサーリンク

肝硬変と肝臓癌の違いに関しては、原因があります。
肝硬変はウイルスや自己免疫性やアルコールが原因となっています。
肝硬変と肝臓癌の違いに関しては、同じ肝臓に異常が発生しているということになりますが、肝硬変と肝臓癌の違いに関しては、肝硬変から肝臓癌になることが多いと言うことです。
肝硬変と肝臓癌の違いに関しては、肝硬変が進行することで肝臓癌が発症すると考えている人がいます。
肝硬変と肝臓癌の違いでは、肝硬変が原因となって肝臓癌が発症することもあります。
しかし肝硬変と肝臓癌は別の病気となっています。
慢性肝炎や肝硬変があるときには、肝臓癌が発生する確率が高くなると考えられています。
これらの病気がない人と比べると発症率が高くなっているのは間違いありませんが、肝硬変が肝臓癌が発症するための条件と言うことはありません。
これが肝硬変と肝臓癌の違いとなっています。
肝硬変の原因にはウイルスやアルコール、このほかには脂肪肝があります。
慢性的に肝臓がダメージを受けると言うことになれば、傷ついた肝臓に修復作用が働いて繊維化してしまいます。
これが肝硬変となります。
これに対して肝臓癌は肝臓がダメージを受けると言うことではなく肝細胞のDNAがダメージを受けていると言うことになります。

スポンサーリンク