MENU

肝硬変の浮腫と腹水の原因について

スポンサーリンク

肝硬変になるとお腹に水がたまるようになっています。
なぜ肝硬変になるとお腹に水がたまるのか気になります。
腹水がたまると言うことを耳にすることがありますが、これは重い病気の印象があります。
実際に腹水がたまったり浮腫が見られるというようなときには、肝硬変などの重い病気が関係していることが多くなっています。
しかし腹水や浮腫に関しては、どこから発生しているかによっていくつかの種類に分けることができます。
肝臓病の最終段階で浮腫や腹水が見られるようになっていますが、肝硬変が原因となってたまる腹水の特徴は次のようになっています。
腹水はいくつかの種類に分けることができますが、この中で一番多いのが肝硬変が原因となっている腹水や浮腫と言うことになります。
腹水というのは、腸の運動の摩擦を減らすという役割があります。
生理的なものが100ミリリットル以下という量で誰にでも存在しています。
しかしこの量を超えてたまってしまうと腹水と呼ばれるようになっているのです。
同時に浮腫も見られるようになります。
肝硬変が原因となっている腹水や浮腫に関しては、血管やリンパ管から水分が押し出されてたまるようになっています。
しかし次のような特徴があります。

スポンサーリンク

健康な状態の人でもお腹に水がたまるようになっていますが、これは常に新しいものと言うことではありません。
1時間に40パーセントから80パーセントが新しいものへと置き換わっているのです。
血管などから新しい水分が補給されるようになっていますが、古くなったものに関しては血管などに再吸収されるようになっています。
このときに行われている出入りのバランスが悪くなることが原因となって、浮腫などの症状が発生するようになっています。
これは物理的圧力と浸透圧によってバランスが取られるようになっています。
肝硬変では、この圧力に異常が発生するようになっています。
水分が血管から漏れることが原因となって、お腹に水がたまったり浮腫が発生します。
肝硬変という病気は、肝臓病が進んだ状態となっています。
肝臓が硬くなることが原因で肝硬変を引き起こしています。
肝臓の細胞が壊されることが原因で、コラーゲンでできた組織が埋めていくことで、本来の肝臓の細胞がどんどん減少してしまい、発症するようになっています。
肝硬変は完治することはありません。
したがって正常に残された肝臓の機能を維持させるという治療が行われています。
肝臓病は浮腫などの症状が出る前に治療を行わなければいけません。
そのためには原因物質をしっかりと特定して、その原因を作り出さない環境をつくることが必要です。

スポンサーリンク