MENU

まぶたの腫れと肝臓の関係

スポンサーリンク

朝起きたらまぶたが腫れているというようなことがあります。
まぶたが腫れていると言うことは誰もが経験したことがあるものとなっています。
この中で男性はまぶたの腫れがむくみと関係があるかどうかは判断しにくくなっていますが、女性はまぶたが腫れているだけでむくんでいると判断することができます。
このときに考えられる原因は、寝ている間の顔の位置と言うこともありますが、肝臓などの内臓疾患の可能性もあります。
したがって注意が必要となります。
人間の体は、アルコールを分解するときに2つの種類の分解酵素を必要としています。
しかし日本人の多くは1種類しか肝臓からこの分解酵素が分泌されないと考えられています。
これが肝臓に大きな負担をかけることになります。
このような負担が肝機能が一時的に下がる原因となります。
アルコールだけが関係していると言うことはありませんが、肝臓の機能が低下することで肝臓でのアルブミンの産生が少なくなります。
その結果血液中の浸透圧の調整がしっかりと行われません。
これによってまぶたの腫れが見られるようになっています。
まぶたの腫れだけではなくむくみが身体中に現れるようになっています。
まぶたの腫れは、必ずしも寝ているときの姿勢が原因となっているということではありません。

スポンサーリンク

筋肉が収縮することで、静脈の血管の平滑筋が動くので、顔などの筋肉が少ないところにむくみが発生するようになっています。
肝臓の機能が低下すると、まぶたが腫れるというのはこのような原因が背景にあります。
この他に病気が関係していることもあります。
肝疾患や腎疾患があります。
ネフローゼ症候群でも、まぶたが腫れることがあります。
肝疾患でも肝炎というようなものではなく、肝不全という異様な肝臓の機能に大きなダメージがあるときに、まぶたの腫れが見られるようになっています。
また生活習慣病が原因となっていることもあります。
肥満によって運動不足の状態になっていたり、脂質異常症や糖尿病などでも同じ症状が現れます。
肝臓の異常に関しては、定期的な健康診断を受けることで早期発見をすることができます。
肝臓などの内臓疾患の場合には、早めの対処が必要となります。
顔のむくみが発生しているときには、耳の下の耳下腺やリンパ節のマッサージを行い、すべて下に押し下げることで少しは解消されます。
このほかの部分に関しては、温めたり冷やしたりを繰り返すことで症状が改善されるようになっています。
寝るときに頭の位置を少し高くするという方法もあります。

スポンサーリンク