MENU

ふくらはぎがだるいときと肝臓の関係

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、ふくらはぎがだるいと感じることがあります。
ふくらはぎがだるいときには、運動をして負荷がかかったのではないかと言うことや、立ち仕事が関係しているのではないかと考える人が多くなっています。
しかしふくらはぎがだるいときには、ほかのことが原因となっている可能性があります。
このときに考えられる原因となっているのが肝臓となります。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていますが、肝臓の症状に関しては、病院を受診しなくても自分でチェックすることができます。
血液検査や人間ドックというような検査を受けるのが一番となっていますが、日頃から肝臓の症状を自分で簡単にチェックをしておくことで、健康管理を行うことができます。
人間の足は、肝臓の症状がわかるようになっています。
その中でふくらはぎがだるいという場合には、肝臓の機能が低下していると判断することができます。
長時間立っていると言うことではないのに、ふくらはぎの周辺がだるいと感じている場合には、肝臓の悪い症状が出ている可能性があります。
肝臓が影響するふくらはぎのだるさに関しては、春から夏という時期に始まるようになっています。
そのまま病院で検査を受けるというようなことをせずに放っておくと、1年中ふくらはぎがだるいと言うようになります。

スポンサーリンク

したがってふくらはぎがだるいと感じたときには、しっかりと対処をする必要があります。
足のマッサージを行ったり、湯船につかってもだるいという症状が改善されないときには、肝臓の症状が悪化しているというように考えます。
このほかに肝臓の機能が低下しているときには、ふくらはぎがだるいという以外の症状でも判断することができます。
それは手のひらのチェックとなります。
しっかりと握った手を開いたときに見られるしわの線が黄色ではないかと確認します。
白からピンクや肌色に戻るという場合は、肝臓は正常であると判断することができます。
しかししわの線が黄色くなっている人は、機能が低下している可能性があります。
また自分の白目の部分で判断することもできます。
白目の部分が黄色くなっている人は注意が必要となります。
肩の凝りや足のだるさを感じたときには、マッサージを行って改善したというように判断することもあります。
しかし実際にはこの状態では改善していないと言うことになるので、症状が悪化してしまうこともあります。
体の表面の変化が肝臓の症状の変化によって引き起こされている可能性もあるので、日頃からこまめに確認することが大切になります。

スポンサーリンク