MENU

肝臓のウイルスと高熱について

スポンサーリンク

肝臓病では、肝臓が何らかのことが原因となって異常が発生していると言うことになります。
肝臓病は肝炎と呼ばれるようになっていますが、ここにはウイルスが関係しています。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれています。
しかし人間の体の中でたくさんの重要な働きをしています。
少しダメージを受けても悲鳴を上げることなく働き続けるというのが大きな特徴となっています。
したがって少し異常が発生しても体に現れる自覚症状がありません。
病気になっているということに気がつきにくくなっています。
その中で肝炎という病気があります。
これは肝臓が炎症を引き起こしていると言うことになりますが、これが悪化すると肝硬変となり最終的に肝臓癌へと進行することもあります。
したがって健康診断で肝臓の機能に異常があると診断された場合には、しっかりと検査を受けることが必要になります。
肝炎は肝炎ウイルスが原因となっています。
このウイルスによって高熱が出ることもあります。
肝炎を引き起こす原因としてはウイルスのほかに薬剤やアルコールや中毒があります。
しかし日本人の肝炎の約80パーセントが、肝炎ウイルスが原因になっていると考えられています。
肝炎ウイルスに感染すると、体にさまざまな症状が現れます。
そのなかに高熱もあります。

スポンサーリンク

肝臓が炎症することで体に現れる症状としては、高熱のほかに食欲不振や倦怠感があります。
吐き気や嘔吐などもあります。
倦怠感や高熱というと、風邪ではないかと考える人がいますが、これらの症状だけで安易に考えないようにします。
肝臓がウイルスによって炎症を引き起こしているときには、黄疸の症状が現れることもあります。
黄疸は肝炎の特徴的な症状となっていますが、黄疸が出る前に褐色の尿を確認することができます。
ウイルスによって発症する病気となっていますが、急性と慢性に分けることができ、とくに症状が激しく現れるものを劇症肝炎と呼んでいます。
肝炎の原因はいくつかのことが考えられています。
感染の原因がウイルスであってもその他のものであっても、高熱が出ることが多いです。
急性肝炎でも高熱が出ますが、血液検査で原因を調べる必要があります。
慢性肝炎でも高熱の症状がありますが、高熱のほかに体のだるさや吐き気となりますが、あまり自覚症状がないのが特徴です。
劇症肝炎は高熱のほかに感染症や脳浮腫や消化管出血というひどい症状が現れるのが特徴です。
したがって治療方法としては、救命を目的とした全身的なことが行われるようになっています。

スポンサーリンク