MENU

肝硬変の末期と緩和ケアについて

スポンサーリンク

肝硬変の末期の症状があります。
肝硬変の末期の症状があるときには、病気そのものを治療するのではなく、緩和ケアが行われるようになっています。
これで生活の質を向上させると言うことが行われています。
肝臓は一度悪くなってしまうと、元には戻らないようになっています。
肝臓は栄養を代謝することができる臓器となっています。
このほかに解毒作用もあります。
肝臓の機能が悪くなってしまうという肝硬変を発症すると、体にさまざまな不調が現れるようになっています。
肝臓のほとんどががん細胞の影響を受けても、残りの肝臓は正しく機能すると言うようになっています。
肝硬変の末期からの回復をすることは難しいと考えられていますが、肝硬変では少しでも症状を緩和するためのケアが行われています。
肝硬変の末期の症状の緩和ケアとしては、アルコールの摂取をやめて風邪などのウイルスに感染しないために、体をしっかりと守ると言うことが行われています。
肝硬変の末期症状の緩和ケアに関しては、病気の根本的な治療が行われると言うことではなく、合併症を引き起こさせないようにしたり、合併症の症状を緩和させるという治療が行われています。
肝臓の機能低下が著しくなってしまうと、合併症を引き起こします。

スポンサーリンク

合併症に苦しめられると非常に辛いものです。
このような状態を少しでも緩和させるというケアが行われています。
合併症の種類によって緩和ケアの方法も異なっていますが、肝硬変の合併症には根本的な治療方法がありません。
したがって肝硬変の末期のかんわけに関しては、食事や薬を使って対処療法や予防療法が行われています。
これで少しでも生活の質を落とさずに長く生きることができるようになっています。
これが末期の状態の緩和ケアの基本となっています。
末期になると、肝臓周辺に強い痛みを感じるようになります。
このような痛みを少しでも緩和させるためのケアも行われています。
末期になると腹水がたまると言うことがありますが、ケア方法としては腹水を取りのぞくと言うことが行われています。
薬を使って腹水を排出するという方法がありますが、あまりにもたくさんたまってしまうと薬だけでは取りのぞくことができません。
このようなときには針を刺してそこから腹水を取りのぞくということが行われています。
これでお腹の張りを解消させることができます。
肝硬変の末期には発熱の症状が見られることもあります。
さまざまな症状が現れるようになっているので、それにあわせた対処を行うというのが緩和ケアの基本となります。

スポンサーリンク