MENU

肝臓が悪い人の爪について

スポンサーリンク

肝臓は物言わぬ臓器と呼ばれ黄疸などの症状があらわれた時にはすでに、かなり進行している場合があります。
肝臓は胆汁の生成や、造血や解毒や中和、ビタミン貯蔵などその役割は重要です。
肝心要の肝は肝臓のことなのです。
しかし、いくら物を言わないと言ってもサインくらいは発信しているはずです。
右肩が凝ったり体がだるかったり、様々なのですが、爪にもそのサインが出ます。
肝臓が悪い人の爪は縦に縞模様が出来ます。
よく、貧血の人も爪に縞模様が出来ます。
肝臓が悪い人の爪もそれによく似ています。
しかし、肝臓が悪い人の爪は凹凸も激しい場合もあるので区別できるかもしれません。
その上、肝臓が悪い人の爪は時に黄色く変色しています。
これら爪の変化が、自分の、もしくは家族の身に起こった場合は速やかに検査を受けましょう。
爪の縦の縞模様は貧血や肝機能障害以外に加齢によっても起こります。
肝臓が悪い人の爪か加齢によるものなのかは検査をすればわかります。
特にお酒が好きで長年、飲み続けて来た人は肝機能の低下の可能性が高いと思われます。
お酒とこれからも長く付き合っていくためには、適切な治療を開始することが大切です。
一時的な断酒をする覚悟が必要ですが、手遅れになる前に行動しましょう。

スポンサーリンク

治療が必要なほどではない肝臓の不調の場合、お酒を控えることはもちろん、食生活で肝臓をケアすることが出来ます。
続けていくと肝臓が悪い人の爪の特徴である縦の縞模様も改善していきます。
まず唐揚げや天ぷらなどの脂の多い食品は控えましょう。
また、バターやマーガリン、スナック菓子なども弱った肝臓には大敵です。
また、インスタントラーメンやカレーなど香辛料がたくさん入った食べ物も注意が必要です。
香辛料は肝臓を弱め、食べ続けると肝臓が悪い人の爪になります。
また、コーヒーや紅茶なども過剰に飲みすぎると肝機能を弱めてしまいます。
ほどほどにしましょう。
さらに、夜食も禁物です。
夜遅く食事を取ると自律神経が不調を起こしやすくなります。
その自律神経の不調から肝臓に悪影響を及ぼしていく可能性があるからです。
でも一番、肝臓が悪い人の爪になりやすいのは、過度な飲酒です。
お酒をどうしても控えることができない人は、週に二日は休肝日をもうけ、肝臓を休めてあげることが重要です。
そうすることで徐々に肝臓が悪い人の爪、縦の縞模様も消えていきます。
今、最も重要といわれている健康寿命を延ばすために健康な肝臓は必要不可欠です。
毎日、肝臓を労りながら生き生きとした健康人生を手に入れましょう。

スポンサーリンク