MENU

肝機能低下と子供の症状について

スポンサーリンク

子供はさまざまな病気を発症することがありますが、子供に肝機能低下があるときには、次のような症状が現れるようになっています。
肝機能低下と聞くと、大人のイメージがありますが、子供でも肝機能低下の症状が現れることがあります。
子供の肝機能低下の代表的なものは、新生児肝炎になります。
新生児肝炎の原因ははっきりとしていません。
子供の肝機能低下では、どのような症状が現れるようになっているのかというと、黄疸と胆汁のうっ滞となります。
子供の肝機能低下で見られるこのような症状は、生後数ヶ月で消えて自然治癒するので心配することはありません。
しかし肝機能低下が先天性疾患のこともあります。
この場合胆汁肝硬変症という病気となります。
これは子供の約1万人に1人の割合で発症すると考えられています。
黄疸の荘成が長引いたり、白い便が出たり、いつもより濃い色の尿が出たり右上腹部が硬いというような症状があるときには、医師の診察を受ける必要があります。
このほかに子供の肝機能低下として多くなっているのが、A型肝炎となります。
これは非常に感染しやすくなっています。
A型感染ウイルスが原因となって発症する感染症で、子供が一度発症すると免疫ができるので再び感染することはありません。

スポンサーリンク

子供の肝機能低下としてB型肝炎我利枡。
これは母子感染が主な原因となっています。
肝機能障害があるときには、黄疸の症状があったり疲れやすくなると言うような症状が現れます。
このほかには白目が黄色くなると言うような症状も現れるようになっています。
すこし前は血液製剤を介して感染していたというC型肝炎ですが、これは子供には少なくなっています。
子供の肝機能障害の多くは、早期発見をすることでしっかりと治療を行うことができます。
したがってどのような症状が現れているのかを確認することが必要になります。
肌や目の色、いつもとは違う様子が見られたときには、病院を受診するようにします。
自分で症状を説明することができないので、日頃から様子をしっかりと観察するというのが大切なことです。
大人に多い肝硬変となりますが、幼児でも発症することがあります。
このときに考えられている原因が、先天性代謝異常であったり、先天性胆道閉鎖症となっています。
倦怠感や疲れ、食欲不振や嘔吐や腹部の膨満感や黄疸、手のひらの赤みや皮膚の黒ずみや貧血というような症状が現れるようになっています。
症状が悪化すると消化管出血や意識障害というような状態になるので、早期発見と治療が必要になります。

スポンサーリンク