MENU

肝臓のエコーと白い点について

スポンサーリンク

健康診断を受けることがありますが、この中で肝臓に異常があるといわれることがあります。
肝臓に異常があるといわれたときには非常に心配になります。
肝臓に異常があるかどうかを確認する方法としてエコー検査があります。
エコー検査で白い点があるときには、大きな病気の可能性があると考えてしまいます。
エコー検査を行ったときに白い点が見られることがありますが、これは肝臓に腫瘍ができている可能性が高くなっています。
肝臓に腫瘍ができることがありますが、これがエコー検査で白い点となって現れるのです。
肝臓に発生する腫瘍の多くは肝臓癌の可能性が高くなっていますが、中には良性腫瘍のものがあります。
エコー検査では良性腫瘍でも白い点となって現れるようになっています。
良性腫瘍はどのような特徴があるのかというと、正常な細胞が集まってできた腫瘍のことになります。
具体的にはどのようなものがあるのかというと、肝血管腫や肝細胞腺腫というものになります。
胆管上皮腺腫や炎症性偽腫瘍などが考えられています。
このような病気の場合は良性腫瘍のことが多くなっています。
したがって病院を受診して肝臓の詳しい検査を受ける必要があります。
病院ではまずエコー検査が行われるようになっています。

スポンサーリンク

エコー検査を行ったときに、白い点があるのをかくにんすることができます。
白い点があるときには、良性なのか悪性なのかしっかりと識別する必要があります。
肝臓に白い点があるときには、肝臓のう胞や肝臓に膿がたまるというような肝嚢腫瘍といわれるものがあります。
癌にはなっていないもので、この先が癌になろうとしている病変が腫瘍のような形で白い点となってエコー検査で見つかることもあります。
慢性肝炎や肝硬変を引き起こしている肝臓に発展する可能性があるので注意が必要となります。
エコー検査を行ったときには、細胞の中に脂肪が蓄積しているのを確認することもできます。
ここに発生する腫瘍に関しては、肝硬変を伴う場合と肝硬変を伴わない場合があります。
肝硬変を伴わないという場合には、良性の腫瘍となっており、表面に1箇所だけ発生するというような腫瘍もあります。
男性だけではなく女性にも見られるようになってい腫瘍となり、これは限局性結節性過形成と呼ばれています。
全体的に直径数ミリメートルの結節が広がるようになっているので、これが白い点としてエコーでわかることがあります。
癌が影として画像で確認することができるのは、約5年かけて肝硬変まで進行した頃となっています。

スポンサーリンク