MENU

肝臓病が原因で体臭が臭くなるなどの症状が現れることも

スポンサーリンク

肝臓には有害な物質を分解して無害な物質にする解毒作用があるので体臭の原因となる物質も分解することができます。
そのため、肝機能が正常に働いていれば基本的に不快な体臭を発することはありません。
しかし、肝臓病などが原因で肝機能が低下すると体臭の原因となる物質を分解できなくなるので、汗と一緒に体臭の原因となる物質の一部が排出されるようになります。
その結果、体を清潔にしていても不快な体臭を発するようになります。
肝機能の低下がまだ初期段階の内はドブやカビのような体臭になりますが、肝臓病の症状が進行して肝機能の低下も深刻になるとアンモニア臭のような体臭になります。
そのため、体から強烈なアンモニア臭がする場合は重度の肝硬変や末期の肝臓がんまで進行している可能性が高いです。
肝臓は肝炎などの肝臓病を発症しても初期段階では自覚症状が現れにくいので沈黙の臓器とも呼ばれています。
しかし、肝臓病の症状が進行すると体臭が臭くなるだけでなく、黄疸や倦怠感、お酒に弱くなるなどの症状が現れることがあります。
また、発熱や吐き気、食欲低下などの風邪とよく似た症状が現れることもあります。
これらの症状がなかなか治まらない場合は急性肝炎を発症してる可能性がありますが、特に黄疸が現れている場合はその可能性が高いです。

スポンサーリンク

脂肪分の過剰摂取や過度の糖質制限などの栄養の偏った食生活を続けると肝臓に負担をかけるので肝臓病の原因となることがあります。
また、お酒に含まれるアルコールやタバコに含まれるニコチンは体にとっては有害物質なので、過度の飲酒や喫煙を続けると肝臓病を発症しやすくなります。
それに、過度のストレスは肝臓に負担をかけますし、睡眠が不足すると肝臓が受けたダメージを十分に修復できなくなるので、過度のストレスや睡眠不足が肝臓病の原因となることもあります。
肝臓の自然治癒力はとても高いので上記のような生活習慣を改善して肝臓へ負担をかけないようにすれば肝機能を回復させることは可能です。
しかし、肝臓病の症状がある程度進行している場合は自然治癒力だけでの回復は難しいので病院で適切な治療を受ける必要があります。
一般的に肝臓病は急性肝炎から慢性肝炎、慢性肝炎から肝硬変、肝硬変から肝臓がんへと進行していきます。
急性肝炎の時点で適切な治療を受ければ慢性肝炎に進行することはありませんし、予後も良好であることが多いです。
しかし、肝硬変や肝臓がんまで進行すると治療が困難になりますし、最悪の場合は死に至ることもあります。
体臭が臭くなるなどの自覚症が現れた時にはある程度症状が進行している可能性が高いので、自覚症状が現れなくても定期的に健康診断を受けて肝臓病を早期発見できるようにすることが大切です。

スポンサーリンク