MENU

5cm以上ある肝臓の癌は切除します

スポンサーリンク

肝臓の癌は、肝がんといいます。
肝がんには、原発性肝がん、転移性肝がんがあります。
 原発性肝がんは、肝臓から発生する癌です。
原発性肝がんのうち9割を肝細胞がんが占めます。
肝細胞がんは、肝細胞にできる癌です。
肝細胞は、肝臓の働きを担い、栄養の代謝や分解、合成、排泄などの機能に携わっています。
肝細胞がんは肝臓の中で転移しやすい特徴があります。
 肝細胞がんの原因は、C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、アルコールとされています。
その他にも、カビ毒であるアフラトキシン、同化ステロイドホルモン薬、経口避妊薬などもあります。
また、塩化ビニールなども発がん性があると考えられています。
 肝細胞がんと同じく、原発性肝がんの一つである病気に胆管細胞がんがあります。
胆汁の通路である胆管上皮細胞が癌になったものです。
 転移性肝がんは、他の臓器の癌が肝臓に転移したことで起こります。
肝臓の癌の四分の三は、この転移性肝がんといわれています。
理由は、肝臓とつながる臓器が多いことからです。
肝臓は、動脈やリンパ系、門脈などと他の臓器や組織と結ばれています。

この連結経路を通じて、癌が転移します。
肝臓に転移しやすい癌は、すい臓がん、胆管がん、肺がん、胃がん、大腸がんなどです。

スポンサーリンク

 癌の大きさが5cmの場合は、早急に手術を行い、切除します。
5cmというのは、癌の中でもかなり大きいサイズになります。
5cmもの大きさに成長するほど増殖している場合、転移が心配されます。
切除手術のあとも、転移がないかどうか、定期的に検査を受けることが望ましいとされています。
 癌は大きくなるほど、体にさまざまな症状が現れます。
5cmにもなると、血管や神経を圧迫したり、臓器の機能が低下したりします。
 肝細胞がんの治療方法の一つに、経カテーテル肝動脈化学塞栓術があります。
この治療方法を行うための条件は、「がんが四つ以上あるとき」または「がんが3cmを超えるとき」です。
5cmであれば、経カテーテル肝動脈化学塞栓術を受けることができます。
これは、抗がん剤注入後に動脈を詰まらせて、がんに栄養を与える経路を塞ぐ方法です。
このことにより、がんを死滅させます。
5cmのがんであっても、栄養がなければ増殖しません。
5cm規模のがんにも有効な方法です。
 また、5cmほどの大きさや5cm以上の大きさの場合には、肝移植という治療方法も選択肢の一つです。
ドナーに提供された肝臓と門脈、肝動脈、肝静脈をつなぐ方法です。
適応するドナーが見つかれば、移植できます。

スポンサーリンク