MENU

肝臓の肥大と触診について

スポンサーリンク

肝臓に何らかの異常が発生しているときには、病院を受診するとその異常を発見することができます。
肝臓が肥大していると言うことがありますが、これは肝臓の機能が大きく関係していると考えることができます。
アルコール性肝障害という病気がありますが、これも肝臓の機能が関係しているものとなります。
アルコール性肝障害とはどのような特徴があるのかというと、これはたくさんのアルコールの常習的な摂取となります。
これが原因となって肝臓に何らかの障害が発生していると言うことになります。
たくさんのアルコールを摂取することで、肝障害が発生し、エタノール過剰摂取が原因となって酸素消費量の増大が発生するという病気となっています。
この病気の初期の段階では、アルコール性脂肪肝が発生するようになっています。
この中でさらにアルコールの摂取を続けているときには、アルコール性肝線維症になってアルコール性肝硬変へと進んでいきます。
アルコール性脂肪肝という病気がありますが、これは触診で肥大しているのを確認することができます。
病院では問診が行われ、お腹を触診すると言うことが行われています。
お腹を触診したときには、肝臓が肥大しているのがわかります。

スポンサーリンク

アルコール性脂肪肝は、アルコールを飲み続けることで、肝細胞の中の中性脂肪の生成が高くなって、肝臓に中性脂肪がたまるようになっています。
触診が行われるようになっていますが、触診を行うと、右肋骨下に肥大した肝臓が軟らかく触れるようになっています。
触診のほかに肝生検も行われています。
ここでは中性脂肪の粒が肝細胞の中に認められるようになっています。
脂肪科した細胞が、肝細胞の3割以上を占めるようになれば、アルコール性肝疾患と判断されるようになっています。
触診で肝臓が肥大化していると言うことで発見することができますが、倦怠感や疲労感や腹部の膨満感などの症状で発見されることもあります。
しかし肥大という症状があっても実際に体に現れる症状はないということも珍しくありません。
肥大している状態でさらにアルコール摂取を続けると、アルコール性肝炎やアルコール性肝線維症が発症します。
アルコール性肝炎では、触診をすると肥大した肝臓を確認することができます。
触診では肥大と共に触れた部分に痛みを感じるようになっています。
したがってしっかりと治療を行う必要があります。
禁酒をすることが第一で、適切な治療を行うことで寿命を長くすることができます。

スポンサーリンク