MENU

肝臓のポリープは良性なのか

スポンサーリンク

健康診断などで、肝臓にポリープが発見されることがあります。
肝臓にポリープが発見されたときには、これが良性なのか悪性なのか非常に心配になります。
健康診断や病院で行われている検査で、肝臓にポリープが発見されることがありますが、ポリープというのは、胃や腸のように中が空洞になっている臓器の壁に発生するようになっています。
その中で肝臓は中が空洞になっていません。
したがって肝臓にポリープが発生すると言うことはないのです。
しかし胆嚢は膜しかないので、ここにはポリープが発生するようになっています。
定期健診や人間ドッグを受けるという人がいますが、ここでは超音波検査が行われています。
超音波検査では、ポリープの発見率が高くなっています。
ここで発見されるポリープのほとんどは良性となっています。
良性と言うことで大きな心配をする必要はありませんが、すべてが良性であるとは言い切れません。
中には悪性の可能性もあります。
しかしポリープのすべてが悪性と言うことはありません。
肝臓の周辺に発生すると言うことになれば、必要以上に心配をする人もいます。
あまり心配をしすぎると、これがストレスとなってしまいます。
実際に検査をして結果がわかってから良性ではなく悪性と言うことになれば、対処を行うようにします。

スポンサーリンク

肝臓の近くにある胆嚢にポリープが発生することがあります。
このときに良性であるのか悪性であるのか心配になります。
超音波検査を行うことで数や大きさや形がわかるようになっています。
大きさが10ミリメートル以上の場合、癌の可能性があります。
すなわち良性ではなく悪性の可能性があるということです。
検査で良性のポリープであると判断されたときには、しっかりと対処をする必要があります。
良性と判断された場合でも、1年ごとや半年ごとに定期的に超音波検査を行う必要があります。
超音波検査で経過観察を行います。
早期発見や早期治療を行うことで、進行を止めることができるからです。
医師の指示に従ってしっかりと検査を受ける必要があります。
肝臓は中が空洞になっていないのでポリープが発生することはありませんが、近くの胆嚢には発生することがあります。
大きさが4ミリメートル以上で経過観察となっており、1センチメートル以上となると基本的に精密検査が行われるようになっています。
しかし1センチメートル以上あるからと言って必ずしも悪性と言うことではありません。
肝臓に発生することはありませんが、ほかの臓器に発生した場合にはしっかりと検査を受ける必要があります。

スポンサーリンク