MENU

アルコールや肝臓疾患でも蕁麻疹が出ることがあります

スポンサーリンク

蕁麻疹には様々な原因があります。
食物や薬で起こることもあれば、汗で起こる物、接触性と呼ばれる、いわゆるかぶれによる蕁麻疹もあります。
また、ストレスが原因で出る物もあれば、日光や肉体的な疲労が引き金になって起こる物もあり、正に千差万別であるといえそうです。
もちろん病気が原因で起こることもあります。
特に肝臓の機能が低下している時は、蕁麻疹が出やすい状態になります。
これはなぜかといいますと、肝臓には血液を浄化する働きがあるのですが、それがうまく行かないため、汚い血液が体を回ることになり、その結果蕁麻疹が出てしまうのです。
また肝臓疾患は、ストレスが原因のことが多く、そのストレスが蕁麻疹の一因となっているという見方もあります。
さらに肝臓の疾患、たとえば肝硬変がある場合は、胆汁が原因となってかゆみの症状が見られることがありますし、肝臓がんの場合は黄疸によりかゆくなります。
これらのかゆみにより、蕁麻疹が出たと考える人もいるようです。
ただし肝臓疾患の場合は、皮膚に何か異変が起きることはありません。
赤みも発疹もないことがほとんどで、もちろん塗り薬を塗っても収まりません。
ですから、皮膚に何もないのにかゆみが強い時は、消化器科を受診して、肝臓の検査をしてもらうといいでしょう。

スポンサーリンク

またアルコールが原因のこともあります。
これはアルコールそのものにアレルギーがある場合と、アレルギーはないけれど、皮膚に異変が起きる場合とがあります。
アレルギーは、アルコールの代謝の際に作られる、アセトアルデヒトという成分が大きく関わっていて、この成分を分解する力が弱い人は、アルコールに弱く、アレルギーになりやすいのです。
またアレルギーがない場合も、何らかの理由で蕁麻疹が出ている時にお酒を飲むと、アセトアルデヒトの作用によって血管が拡張し、ひどくなることがあります。
またアセトアルデヒト以外にも、アルコール飲料によって血行がよくなり、そのために蕁麻疹が出ることもあります。
温熱性やコリン性の蕁麻疹は、その代表的なものです。
それからアルコール飲料の中でも、ワインにはヒスタミンが多く、これによって蕁麻疹が引き起こされることもあります。
またワインやビールに含まれる酸化防止剤が原因ということもあります。
アルコール飲料を飲む時は、肝臓にもいくらかの負担がかかりますし、アレルギーを起こすこともありますので、分量や飲み方に気をつけるようにしましょう。
特にアルコールに弱い人は、肝臓に負担をかけないよう少しずつ飲むようにします。
またお酒のみならず、化粧品などのアルコールにも気をつけましょう。

スポンサーリンク