MENU

肝臓にいい食べ物や飲み物とは

スポンサーリンク

肝臓の働きには、ウィルスの退治や摂取した食べ物やアルコールの処理などがあります。
食べ物や飲み物を摂取して、体内で肝臓が働く際に多くの酸素を必要とします。
しかし酸素を使用した場合に生じる活性酸素は、老化の要因と言われています。
その活性酸素を退治でき、肝臓にいい成分が抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eなどです。
そのため、しっかりこれらのビタミンを含んだ食べ物を摂取し、肝臓の機能をサポートするたんぱく質を取り入れることが健康に重要になります。
まず肝臓にいい食べ物としてレバーがあります。
レバーには多くのビタミンが含まれています。
その中でもビタミンAが豊富です。
そして肝細胞の活性化や再生の働きに有効な葉酸も多く含んでいます。
またクルミやアーモンドなどのナッツ類やゴマは、豊富なビタミンEを含んだ食べ物です。
そのためお酒のおつまみとしてナッツは理に適っています。
ゴマはセサミンという成分が含んだ食べ物で、肝臓に直接届くのが特徴です。
セサミンによって、アルコールの代謝が上がったり、肝機能の強化という効果があります。
またカボチャなどの緑黄色野菜は、いろいろなビタミンを含んだ肝臓にいい食べ物の代表です。
その他に、肝臓にいい食べ物として牡蠣やタコなどのタウリンを多く含んだものがあります。

スポンサーリンク

飲み物にも、肝臓にいい役割をするものがあります。
まず、毎日でも摂取していい飲み物に緑茶があります。
その中でもカテキンを多く含んだ濃い緑茶は効果的です。
カテキンには、肝臓に溜まった脂肪を減少させる効果があります。
そのため薄いものではなく、濃い緑茶を食べ物と一緒に摂取するのが、肝臓にいい理想の飲み方です。
ちなみに濃い緑茶は、肝臓にいいだけでなく、ダイエットにも効果的な飲み物です。
美容を考えている女性は、こまめに飲むことで肝臓を労わりながらダイエット効果もあります。
お酒を飲む場合は、ウコンを含んだ飲み物を取り入れると効果的です。
一般的にお酒を飲む少し前にウコンを含んだ飲み物を飲むと、肝臓の機能が強化されます。
そして胆汁の分泌を活性化することによって、アルコールの分解を手助けします。
飲み会などが多い人は、このような飲み物を活用することで、肝臓の負担を軽減してくれます。
しかしウコンを含んだ飲み物を多く飲めばいいということではありません。
適度に飲むことが大切です。
日常の食事の際には緑茶を飲み、飲酒の際にはウコン入りの飲み物を利用すると、肝臓にいい生活を送れるようになります。
その他に肝臓にいい飲み物として、グレープフルーツジュースやオレンジジュースなどがあります。
これらは肝臓の脂肪が溜まるのを予防してくれます。

スポンサーリンク