MENU

B型肝炎の予防接種はいつまでに受けるのか

スポンサーリンク

赤ちゃんはたくさんの予防接種を受けなければいけないようになっています。
いつまでに受けなければいけないというものもたくさんありますが、そのなかで生後2ヶ月からは、国が指定した定期接種が始まるようになっています。
定期接種の中に含まれていませんが、今後含まれる可能性があると考えられているのが、B型肝炎の予防接種と言うことになります。
B型肝炎は母子感染をする可能性があると考えられています。
妊娠中にB型肝炎の検査を受けるのが一般的となっています。
母子感染するようになっていますが、B型肝炎は知らない間に感染することもあるので注意が必要となります。
感染すると体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、疲れやすくなったり黄疸が出るというようなことがあります。
急に症状が悪化すると、劇症型肝炎と呼ばれるような状態になります。
したがって予防するためにB型肝炎の予防接種は必要と考えられています。
そこで気になるのはB型肝炎の予防接種はいつまでに受ければいいのかと言うことです。
B型感染の予防接種に関しては、任意摂取となっているので、いつまでに受けなければいけないと言うことはありません。
しかし接種率は高くなっています。
いつまでに受けておいた方がいいのか気になりますが、小児科ではできるだけ早く接種しておいた方がいいと進められています。

スポンサーリンク

B型肝炎では不活化ワクチンが使われているので、非常に安心です。
日本ではいつまでに接種しなければいけないと言うことはありませんが、生まれてすぐに受けることができる病院もあります。
B型感染の予防のために注射が行われていますが、これは任意となっています。
したがって病院によって金額が違います。
相場は4000円から8000円となっています。
妊娠中の検査で母親がB型肝炎ウイルスのキャリアであることがわかれば、予防のために公費負担で生まれてすぐにワクチンを接種することができます。
いつまでに行わないのかいけないのかに関しては、ほかの注射の時期を考えてスケジュールを考えるようにします。
いつまでに受けておかなければいけないのかという目安は1歳となります。
予防のための注射は3回行われています。
したがっていつまでに受けなければいけないのかしっかりと考える必要があります。
1回目の注射から4週間開けて2回目の注射が行われています。
しかし2回だけでは抗体がついていないこともあります。
2回目の注射から5ヶ月から6ヶ月ほどあけて3回目が行われるようになっています。
いつまでに終えるのかは1歳の誕生日を迎えるまでとなります。
これまでに3回目の接種をすませておくようにします。

スポンサーリンク