MENU

黄疸が生じている場合の肝臓癌の可能性と治療法

スポンサーリンク

人体を構成する臓器の中でも肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、病気になって機能が低下しても症状がなかなか表れません。
何らかの症状を自覚するようになると肝臓の病気が進行している可能性が高いため、早めに病院を受診することが大切です。
肝臓の機能が低下している場合に表れるサインの1つとして、黄疸の症状が挙げられます。
肝臓は胆汁と呼ばれる液体を分泌していますが、この胆汁は主として脂肪の消化を助ける消化液の一種です。
コレステロールを主材料として作られる胆汁には、赤血球中のヘモグロビンを分解する過程で生じるビリルビンという物質が含まれています。
便には胆汁が含まれるため黄土色をしていますが、胆汁の黄色い色素はこのビリルビンに由来するのです。
肝臓機能が低下して胆汁の排出に障害が生じると、血液中でビリルビンが増加して皮膚の色が黄色くなります。
この症状が黄疸の最も特徴的な例ですが、皮膚が黄色くなる以外にもいろいろな症状が見られます。
皮膚とともに眼球も黄色くなる例がしばしば見られる他、皮膚のかゆみを訴える人も少なくありません。
便に胆汁が排出されなくなることで便の色が白っぽくなるのも黄疸の特徴的な症状の1つです。
こうした黄疸は肝臓の病気以外でもよく見られ、胆石や胆道癌・膵臓癌でも胆汁の通り道が塞がれるため発生します。
肝臓の病気で黄疸が生じる例としては、肝炎や肝硬変に加えて肝臓癌も挙げないわけにはいきません。

スポンサーリンク

肝臓癌で黄疸の症状が見られる理由は、その前段階として肝炎や肝硬変が進行している点が挙げられます。
そうした症状は肝機能が低下している証拠ですので、肝臓癌などの病気を治療することによって黄疸の症状も改善されるのです。
胆石や胆道癌などが原因で黄疸が発生している場合は、胆道ドレナージと呼ばれる内視鏡的治療で胆汁の通りをよくすることができます。
肝臓癌が原因の場合は胆汁の分泌そのものが低下しているため、胆道ドレナージよりも肝臓そのものの治療が症状改善につながります。
黄疸の症状が見られるようならまず内科を受診し、肝臓癌かどうかを調べるための精密検査を受けるといいでしょう。
肝臓癌は血液検査による腫瘍マーカーや超音波検査・CT・MRIといった画像診断で発見が可能です。
肝臓癌の治療は病状の進行度に応じて外科手術と内科的治療が使い分けられ、手術による腫瘍の切除が最も高い治療効果を発揮しています。
肝内転移の程度が大きい場合や他臓器への転移が見られる場合は手術が難しくなりますが、他の治療法も進歩しています。
そうした治療法としては、経皮的エタノール注入療法とラジオ波凝固療法・肝動脈化学塞栓療法が挙げられます。
肝臓癌に対してラジオ波電極針を直接刺し、熱で癌細胞を死滅させるのがラジオ波凝固療法です。
カテーテルを使って肝臓癌を兵糧攻めにする肝動脈化学塞栓療法とともに、手術よりも負担の軽い治療法として普及しています。

スポンサーリンク