MENU

C型肝炎はうつる病気です

スポンサーリンク

C型肝炎はうつる病気です。
C型肝炎の感染経路は大きく分けて2つあります。
1つ目はウイルスによる感染です。
空気中には吸い込むと身体に悪いウイルスが沢山飛散しています。
新鮮な空気と一緒に吸う事によって体内に侵入してしまいC型肝炎になります。
すぐにうつるという事はないですが、時間の経過とともにうつるので警戒しなければいけません。
2つ目は血液に混入する事によってC型肝炎になるのです。
すでにC型肝炎にかかっていて血液検査で血を採取した者から咳をされるとうつります。
同じ食べ物や食器を共用してもうつるでしょう。
つまり、共同生活が出来なくなってしまうので隔離する必要があります。
C型肝炎にうつると潜伏期間は2〜14週間です。
この時期の間は大事をとって安静にした方が良いでしょう。
しっかりした医療機関で血液検査を受けるとC型肝炎を引き起こしているか分かります。
C型肝炎に感染してしまう経路には一体何があるのか、うつる本当の原因は何なのかを説明します。
身体に異変を覚えると治療の第一段階として注射をして血液を検査するのです。
新しい物で打つと問題ないのですが、感染の経路には注射の使いまわしがあります。

うつるのも使いまわしが原因です。

スポンサーリンク

身体の大事な箇所に穴をあける行為や入れ墨をすると傷跡が残ってしまいます。
大小関係なく傷口から菌が侵入してしまいC型肝炎にかかってしまうかもしれません。
C型肝炎の他に危険なリスクも伴うので先のような行為は避けるべきです。
母子感染からでもうつる可能性があります。
うつる確率は極めて低いので心配する必要はないでしょう。
C型肝炎になると初期の場合は自覚症状がありません。
かろうじて自覚できるのは食欲の不振と何をしてもやる気が起きない体のだるさです。
ほとんどは時間が解決してくれるのですが、まれに持続状態に陥ります。
持続しているとなると他の原因が考えられるので早めの受診が必要です。
C型が進行してしまうと皮膚が赤みを帯び、むずがゆくなります。
肌の色も黄色になってしまうでしょう。
放置していても治る事はないので診察が必要になります。
更に悪化するとお腹に水が溜まってしまうのです。
鼻や歯茎からの出血もみられます。
発熱や激しい腹痛を伴うかもしれません。
肝炎の治療方法は、くり返し点滴を行いウイルスと直接戦います。

次に進行を食い止めるためいったん血を抜くのです。
最後に対策として夜更かしはせずに規則正しい生活を送ります。
飲酒も極力避けましょう。

スポンサーリンク