MENU

肝嚢胞とは原因や治療について

スポンサーリンク

肝臓に水泡ができると言うことがあります。
肝臓に水泡ができると言うことは何か大きな病気が関係しているのではないかと心配になる人がいます。
このように肝臓に水疱が発生していても、自覚症状はありません。
放っておいても大きな問題はないとえられています。
このような病気のことを肝嚢胞と言います。
肝嚢胞とはどのような病気となっているのかというと、それほど恐ろしい病気ではありません。
肝嚢胞とは健康診断で発見されることが多くなっています。
肝嚢胞とはこのようにそれほど心配する病気ではありませんが、原因や治療方法が気になります。
肝臓の病気に関してあまり知らないという人もいますが、肝硬変や肝不全というような恐ろしい病気もありす。
その中で肝嚢胞とはそれほど危険な病気ではありません。
肝嚢胞とはほとんどの場合良性の水疱と言うようになっています。
肝臓に水がたまると言うことが原因となっていますが、これはとくに珍しいことではありません。
肝嚢胞とは肝臓の内部に膿胞と呼ばれる液体がたまることが原因で、袋状のものが発生するようになっています。
ほとんどの場合、肝嚢胞とは良性の水疱であると考えられています。
しかし嚢胞が大きくなったときには注意が必要となります。

スポンサーリンク

嚢胞が大きくなってしまった場合には、お腹の痛みや胃の不快感や吐き気、このほかにはお腹に腫れが見られるというような症状を引き起こすことがあります。
肝嚢胞とは超音波検査などで発見されるようになっています。
あまりにも数が多いときや大きさがあるときには注意をしなければいけません。
肝嚢胞とは次のようなことが原因となっています。
外傷性のけがによって組織液が分泌することが原因となっています。
このほかに肝臓などの炎症が原因となっていることもあります。
肝嚢胞腺腫や肝嚢胞腺がんなどが原因となっていることもあります。
寄生虫が原因となっていることもあります。
したがって原因をしっかりと突き止めて治療を行う必要があります。
基本的には治療を行う必要はありませんが、数が多くなってきたときには治療が必要となります。
治療方法としては、細い針を刺します。
ドレナージと呼ばれるものとなっていますが、これで内容液を排出させます。
このほかの治療方法として、内視鏡手術があります。
生検をしてみないとわからないというような場合には、内視鏡手術での治療が行われるようになっています。
現在では腹腔鏡を使った治療が行われています。
腹腔鏡を使った治療では、体への負担が少ないと考えられています。

スポンサーリンク