MENU

肝臓の検査は病院の何科を受診するのか

スポンサーリンク

肝臓に異常が発生しているかどうかを確認するためには、病院を受診する必要があります。
病院を受診して検査を行うようになっていますが、この場合病院の何科を受診すればいいのかわからないという人がいます。
病院にはいくつかの診療科があるので何科を受診すればいいのかわからないという人がいるのは珍しいことではありません。
体のさまざまなところを検査すると言うことになれば、それで病院の何科を受診するのかと言うことが異なってきますが、肝臓の検査だけを受けるときには病院の何科を受診すればいいのかというと、それは内科や消化器科と言うことになります。
自覚症があって肝臓に異常があるのではと考えたときには、詳しい検査を受ける必要があります。
病院の何科を休診すればいいと考えたときに一番いいと考えられているのは、内科や消化器科となります。
消化器科は内科の中でも消化器系の臓器を専門としています。
したがって肝臓の検査を受けるときに、何科を受診すればいいのかと迷ったときには、消化器科を選ぶようにします。
消化器科がある病院を探すと言うことになります。
内科よりも専門的な治療や検査を行ってくれるようになっています。
このほかにも肝臓の検査を受けることができる病院があります。

スポンサーリンク

肝臓の検査で何科を受診すればいいのかわからないときには、肝臓を専門としている病院を選ぶという方法もあります。
この場合何科を受診するのかというと、肝臓内科と言うことになります。
しかし血液検査や肝臓に異常がないと判断された場合には、何科を受診すればいいのかというと、この場合は内科で十分となります。
まずはかかりつけの病院を受診するようにします。
ここで異常が発見されたと言うことになれば、大きな病院へ紹介状を書いてもらうことができるようになっています。
肝臓の状態の確認はどのようなものが行われているのかというと、まずは問診となります。
ここで自覚症状や普段の生活習慣などが確認されるようになっています。
血液検査も行われています。
肝臓の機能が低下していると言うことになれば、排出されることがない成分が血液の中に増えるので、それを確認することができます。
尿の検査も行われています。
これは尿中のウロビリノーゲンとビリルビンの反応を調べることができる方法です。
このほかに尿糖が出ているかどうかも確認することができます。
画像診断もあわせて行われるようになっています。
ほかの検査で異常があった場合に行われるようになっています。

スポンサーリンク