MENU

肝硬変は治るのかについて

スポンサーリンク

肝硬変という肝臓の機能が低下している病気があります。
肝硬変とはどのような病気となっているのかというと、肝炎やアルコールの接種などが原因となって、肝臓の細胞が破壊され続けることで、肝臓の中の繊維が増えて小さくなり、その結果肝臓の機能が低下している状態となります。
このような状態となっているので肝硬変は治るのかということが気になります。
肝硬変は治るのかと言うことに関してですが、肝臓の機能が低下していると言うことで、肝臓ガンのリスクも高くなっています。
肝硬変は治るのかと言うことに関しては、肝不全を引き起こして命の危険を伴うこともあります。
肝硬変では、消化管出血を引き起こしてなくなる人が多くなっていました。
しかし現在では医学が発達していると言うことで、消化管出血でなくなるという人は少なくなっています。
肝硬変で肝臓ガンを併発すると言うことがあります。
この場合肝硬変は治るのかと言うことが気になります。
肝臓ガンを併発したときの5年生存率は約50パーセントとなっています。
肝臓ガンを併発しなかった場合に、肝硬変は治るのかと言うことに関しては、5年生存率は約80パーセントとなっています。
肝硬変は治るのかと言うことが気になりますが、必ずしも治らないと言うことはありません。

スポンサーリンク

腹水や黄疸というような症状が現れているときには、5年生存率は約40パーセントとなっています。
肝硬変は治るのかと考えたときに、これらの数字が非常に気になります。
しかしこれらの数字はあくまでも指標となっているので、肝臓ガンを発症しても何年も日常生活を送ることができるという人もいます。
肝硬変は治るのかと考えたときに治療法が気になります。
治療法は肝不全というような合併症に対する治療が基本となっています。
したがって肝硬変は治るのかと考えたときにそれを完治させることはできません。
しかしあきらめることはありません。
肝硬変は、生活習慣を改善させることで、症状が悪化するのを防ぎ進行を遅らせることができます。
このときに大切になるのが食事療法となります。
食事療法ではたんぱく質や繊維質をたくさん含んでいるものを摂取するように心がけます。
しかしこのときには注意が必要となります。
あまりにも摂取しすぎると肝臓に負担をかけてしまうので、摂取量に関しては、医師や栄養士としっかりと相談するようにします。
アルコールの摂取に関しては禁じられています。
運動や仕事をしてはいけないと言うことはありませんが、肝臓に負担がかかるので、できるだけ安静にして肝臓への血液量を増やすと言うことが大切になります。

スポンサーリンク